読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの好きの基準

こんばんは。

 

友達と恋バナすることが多くなって、自分にとって好きとはなんだろうと考える機会が多くなりました。

なので今日はわたしの好きの基準について話します。とっても自己満足です(^-^)笑

 

昔から、熱烈に誰かを、何かを好きになることはありましたが

いわゆる熱しやすく冷めやすい性格で、すぐに別れたり、飽きたりすることが多かったです…(申し訳ないです)

 

今は、そういう気持ちはあまり無く、

人を傷つけてしまうことを恐れて、かなり慎重に人を好きになるようになりました。

熱烈に、衝動的に好きになって愛することがあまりなくなり、静かで落ち着いた愛情に変わりました。

 

そのような淡く弱い気持ちしか持てない中で、人を傷つけることは減りましたが、同時に「好きとは何か」がわからなくなってきました。

 

いろんな悩みに埋もれる中で、どんどん好きという気持ちが薄れていき、

自分にはもう好きという気持ちがなくなってしまったんだろうか、みんなのように誰かを好きになってはしゃいだり、泣いたり出来ないのか

と思うと、無性に寂しくなりました。

 

でも、色んな人の言葉を聞き、心を落ち着けていく中で、Twitterでとても素敵なことを呟いている方に出会いました。

 

いつも丁寧な口調で、内容がとても穏やか。誰かが傷つくようなツイートは決してせず、とても素晴らしい方なのに自惚れることは決してない。

その方は「せっかくフォローしていただいているんだから、私のツイートを見て楽しんでもらいたい」と述べていました。

また、「とにかくフォローフォロー外構わず暴言と言う名の包丁を振り回している時期が私にもあった、でもそれは生きる疫病神のようなものだ」とも仰っていました。

 

本当に今までの自分が恥ずかしくなりました。

暴言を吐いたり嫌味なツイートをしたりして、色んな人に嫌な気持ちにさせていたんだな、と思い反省しました。

と同時に、このことに気づかせてくれたその方に、大変感謝しました。

そして、「この人のことがとても好きだ」と思いました。

 

その人のツイートを見ると、いつも幸せな気持ちになれます。心が洗われるような気持ちになり、今日も笑顔で頑張ろう、と前向きな気持ちになります。

そのような気持ちにさせてくれるその方を、わたしは日に日に尊敬していきました。そして、その方が男だろうが、女だろうが関係なく、お会いしたい、お話ししたい、お友達になりたいと思いました。

その人についていきたいと思いました。

 

私にとっての「好き」はこのような気持ちだと思っています。

その相手が同性でも異性でも関係ありません。

好きなことには変わりないと思います。

 

もし、付き合う、結婚するとなれば、好きなだけでは足りませんが

「好き」な人を単純に選ぶのであれば、これが私の基準となります。

 

付き合うとなると、容姿や趣味など、内面以外の点も考慮しなければならないので、非常に厄介ですね。

 

私が誰かを好きになるのと同様に、私も誰かに好きになってもらえるために、自分をもっと良くしていきたいなと思います。

好きな誰かに合わせるのではなく、自分の中の最高の形を愛してくれる誰かに出会えることを祈って、日々過ごしていきたいです。

 

今年もクリスマスに彼氏できそうにないですが(別に焦ってはいません)、明るく、楽しく頑張ります\( ˆoˆ )/